医療法人 中田歯科医院 Nakata Dental Clinic

ご予約・お問い合わせは TEL:011-852-1011

医療サービスの基本は、温かい心と知性である・・・ 日常の社会生活にも共通する基本理念です。 私たちは、思いやり・いたわりの心を大切にした治療を心がけています。

診療に当たっては、患者さんの希望や要望をよりよく理解する事から始めなければなりません。その上で、インフォームドコンセント(説明と同意)があるのだと考えています。

院長 中田 久夫
院長 中田 久夫

当医院では、歯科衛生士がコーデネイターとなって患者さんとのコミュニケーションを大切にしております。

又、最新の技術や機器を導入し、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士によるチームワークで、患者さんに喜んで頂ける診療を心がけております。

主な診療内容に関して

歯科技工士・歯科衛生士を交えたチームワークによる診療
歯科診療には、予防とメンテナンスをも含めた総合的な処置が望まれます。
熟練した歯科技工士や衛生士とのチームワークでより良い診療にあたります。
歯科神経症(歯科治療恐怖症)への対応
パニック障害などの神経症の方のみならず、歯科治療に対する不安や恐怖感を強く感じ苦しんでいる人は多く、安心して受診できる為のきめ細かな対応が必要です。
インプラント治療
できるだけ負担の少ない治療方法や治療費に配慮した提案を行っています。
20年の実績。
歯科用のCTを完備しています。
スプリント治療
睡眠時無呼吸症候群、いびき、歯ぎしり、顎関節症、スポーツマウスガードなどに対応します。
審美性への対応
ホワイトニング、メラニン除去(ハードレーザー使用)などに対応しています。
ご高齢者・障害者に配慮した対応
車椅子を備え、歩行不自由な患者さんにも対応しています。
訪問診療に関して
電話にて相談の上で対応しています。
歯科衛生士や歯科技工士も対応できる体制となっています。
被ばく量に配慮したレントゲン・CT撮影
デジタル式レントゲン装置の被ばく量は一般のレントゲンの8分の1程度(約0.001mSv)、また歯科用CTは一般医科用CTと比べ被ばく量が非常に少ない(約0.05mSv)事が特徴ですが、撮影の必要性と被ばくを配慮して対応しています。
参考)日常生活を営んでいても、自然被ばくは年間約1.5mSv程度になります。

診療内容

一般診療

経験ある歯科技工士・歯科衛生士とのチームワークによる診察。予防とメンテナンスを大切にしている。


歯科治療恐怖症

パニック症や治療不安感の強い患者さんが安心して受信できるきめ細やかな対応。


インプラント治療

負担の少ない治療方法や治療費に配慮した提案
20年の実績、CT完備


スプリント治療

睡眠時無呼吸症候群、いびき、歯ぎしり、顎関節症、スポーツマウスガードなど


ご高齢者・障害者への対応

車椅子を備え、歩行の不自由な患者さんにも対応


審美的治療

ホワイトニング、メラニン色素除去、(ハードレーザー使用)など


CT/レントゲン

撮影の必要性と被ばくを配慮した対応

ページの先頭に戻る
Copyright (c) 2014 Nakata Dental Clinic Allrights Reserved.